サンプルアイチャッチ

森林生態学分野とは

森林生態系は、樹木を中心とする多くの植物、そしてその環境に生きる様々な動物や微生物によって構成されるシステムです。気候や土壌、地史などの非生物学的環境要因と、競争や共生、食物網などの生物学的相互作用に依存し、多様な森林生態系が地球上には存在します。森林生態学分野では、生物多様性や物質循環、資源保護など様々な切り口から、多様な森林生態系を科学し、世界に先駆けた研究を行っています。

      

Lab.NEWS

2017-06
当研究室から、葉内のリン分布とリン利用効率に関する論文が公表されました
Yuki Tsujii, Masakazu Oikawa, Kanehiro Kitayama. (2017). Significance of the localization of phosphorus among tissues on a cross-section of leaf lamina of Bornean tree species for phosphorus-use efficiency. Journal of Tropical Ecology.

2017-05
博士学位論文公聴会が開催されました。
発表者:飯塚弘明
論文題目:Ecological field study on the community of ambrosia beetles on Fagaceae trees (ブナ科樹種を利用するキクイムシ類の群集生態学的研究)

2017-05
当研究室から、セミの鳴き声に関する論文が公表されました
Nobu Endo, Naoya Osawa. (2017). Asymmetric song responses in coexisting Japanese cicadas. Bioacoustics.

2017-04
ドイツのTübingen大学からWilfried Konrad博士が1ヶ月間の予定で滞在されています。        

2017-04
当研究室から、ハワイフトモモの葉毛の意義に関する論文が公表されました
Gaku Amada, Yusuke Onoda, Tomoaki Ichie, Kanehiro Kitayama. (2017). Influence of leaf trichomes on boundary layer conductance and gas-exchange characteristics in Metrosideros polymorpha (Myrtaceae). Biotropica.

2017-04
当研究室から、土壌有機態リン分解に関する論文が公表されました
Daiki Yokoyama, Nobuo Imai, Kanehiro Kitayama. (2017). Effects of nitrogen and phosphorus fertilization on the activities of four different classes of fine-root and soil phosphatases in Bornean tropical rain forests. Plant and soil.

2017-04
研究紹介、研究室メンバー、森林生態学ゼミの日程を更新しました  

2017-03
当研究室の藤木庄五郎氏が農学博士の学位を取得しました。
2017-03
第61回日本応用動物昆虫学会大会において
龍野 瑞甫(D2)ポスター賞を受賞しました。        
発表タイトル「ニホンミツバチApis cerana japonica とセイヨウミツバチApis mellifera の屋外における訪花パターンの比較」

2017-03
第64回日本生態学会東京大会ポスター発表において
小林 慧人(M1)が「植物個体群」で優秀賞を受賞しました。        
発表タイトル「放棄竹林拡大に及ぼす侵入地の光環境の重要性」

2017-02
当研究室から、根の滲出物に関する論文が公表されました
Lijuan Sun, Yuji Kominami, Kenichi Yoshimura, Kanehiro Kitayama. (2017). Root-exudate flux variations among four co-existing canopy species in a temperate forest, Japan. Ecological Research doi:10.1007/s11284-017-1440-9
Lijuan Sun, Mioko Ataka, Yuji Kominami, Kenichi Yoshimura. (2017). Relationship between fine-root exudation and respiration of two Quercus species in a Japanese temperate forest. Tree Physiol doi: 10.1093/treephys/tpx026

2017-01
博士学位論文公聴会が開催されました。
発表者:藤木庄五郎
論文題目:Evaluation of large-scale spatiotemporal changes in the tree-community composition of Bornean rain forests using remote-sensing techniques(ボルネオ熱帯降雨林におけるリモートセンシングを用いた樹木群集組成時空間変化の広域評価)

2017-01
生物多様性の可視化技術プロジェクトの成果がマニュアルとして公開されました
マニュアルのダウンロードはこちらから

2016-12
当研究室から、キナバル山の地質と標高傾度の細根生産性に関する論文が公表されました
Kei-ichi Okada, Shin-ichro Aiba, Kanehiro Kitayama (2017). Influence of temperature and soil nitrogen and phosphorus availabilities on fine-root productivity in tropical rainforests on Mount Kinabalu, Borneo. Ecological Research, doi:10.1007/s11284-016-1425-0

2016-12
当研究室から、生物多様性広域可視化技術に関する論文が公表されました
Shogoro Fujiki,Ryota Aoyagi, Atsushi Tanaka, Nobuo Imai, Arif Data Kusma, Yuyun Kurniawan, Ying Fah Lee, John Baptist Sugau, Joan T. Pereira, Hiromitsu Samejima and Kanehiro Kitayama (2016). Large-Scale Mapping of Tree-Community Composition as a Surrogate of Forest Degradation in Bornean Tropical Rain Forests. Land 2016, 5(4), 45; doi:10.3390/land5040045

2016-11
当研究室から、焼畑後の生態系プロセスに関する論文が公表されました
Shogoro Fujiki, Shogo Nishio, Kei-ichi Okada, Jamili Nais and Kanehiro Kitayama (2017). Plant communities and ecosystem processes in a succession-altitude matrix after shifting cultivation in the tropical montane forest zone of northern Borneo. Journal of Tropical Ecology doi:10.1017/S0266467416000547

2016-11
当研究室から、土壌のN2O 放出に関する論文が公表されました
Taiki Mori, Daiki Yokoyama, Kanehiro Kitayama. (2016). Contrasting effects of exogenous phosphorus application on N2O emissions from two tropical forest soils with contrasting phosphorus availability. Springer Plus, 5:1237.
Taiki Mori, Wachrinrat C, Staporn D, Meunpong P, Suebsai W, Boonsri K, and Kitayama K. (2016). Seasonal changes in soil respiration and microbial biomass in five tropical tree plantations in Thailand. Topics, 25(2): 85-89.

2016-09
当研究室から、キクイムシのニッチ分割に関する論文が公表されました
Iidzuka Hiroaki and Osawa Naoya. (2016) Horizontal niche differentiation of ambrosia beetles (Coleoptera: Scolytidae and Platypodidae) within the standing trunk of Quercus serrata. Journal of Forest Research doi:10.1007/s10310-016-0546-1

2016-08
当研究室から、屋久島の標高傾度に沿った土壌の栄養塩可給性と樹木の栄養塩利用効率に関する論文が公表されました
Mana Mukai,Shin-ichiro Aiba, Kanehiro Kitayama, (2016) Soil-nutrient availability and the nutrient-use efficiencies of forests along an altitudinal gradient on Yakushima Island, Japan. Ecological Research, 1-12.

2016-07
当研究室から、ボルネオにおける焼畑後の遷移年数推定アルゴリズムに関する論文が公表されました
Shogoro Fujiki, Kei-ichi Okada, Shogo Nishio, Kanehiro Kitayama,(2016) Estimation of the stand ages of tropical secondary forests after shifting cultivation based on the combination of WorldView-2 and time-series Landsat images. Journal of Photogrammetry and Remote Sensing

2016-06
当研究室から、ニホンミツバチとセイヨウミツバチの訪花パターンに関する論文が公表されました
Midzuho Tatsuno & Naoya Osawa (2016) Flower visitation patterns of the coexisting honey bees Apis cerana japonica and Apis mellifera (Hymenoptera: Apidae). Entomological Science

2016-04
当研究室から、熱帯樹木のN欠乏とP欠乏への適応に関する論文が公表されました
Ryota Aoyagi, Kanehiro Kitayama,(2016) Nutrient allocation among plant organs across 13 tree species in three Bornean rain forests with contrasting nutrient availabilities. Journal of plant research, 1-10.

2016-04
当研究室から、キクイムシの生態に関する論文が公表されました
1. Iidzuka Hiroaki, Goto Hideaki, and Osawa Naoya. (2016) Gallery diameter of ambrosia beetles (Coleoptera: Scolytidae, Platypodidae) and insect fauna in Quercus serrata suffering from Japanese oak wilt. Applied Entomology and Zoology doi:10.1007/s13355-016-0416-5
2. Iidzuka Hiroaki, Goto Hideaki, Yamasaki Michimasa, and Osawa Naoya. (2016) Wood-boring beetles (Coleoptera: Scolytidae, Platypodidae) captured in ethanol-baited traps in a natural forest in Japan. Applied Entomology and Zoology doi:10.1007/s13355-016-0406-7

2016-03-2014-04

更新履歴

2015-05
HPリニューアル
プロジェクトページ更新

お問い合わせ

当ホームページに関してご意見、ご要望、訂正などございましたら、お手数ですがHP係(fujiki5636あっとgmail.com)までご連絡ください。