サンプルアイチャッチ
      

マレーシア・サバ州における熱帯林連結プロジェクトとは

ボルネオ島は世界の中でも急速に熱帯林が減少している地域のひとつです。それに加えて、残されている熱帯林の多くは原住民の土地利用により分断され、生物多様性の低下が危ぶまれています。そのような分断化された熱帯林の1つが、マレーシア・サバ州のキナバル公園とクロッカー山脈公園の間のおよそ12kmに及ぶ焼畑地帯です。地元州政府はここに森林を回復させることで2つの公園を連結させようとしています。これが国立公園連結(Ecological Linkage)プロジェクトです。これにより、生物が自由に移動できるようになるばかりか、炭素の蓄積量も増加すると期待されています。本プロジェクトは三井物産環境基金より研究助成を受けて実行されています。