サンプルアイチャッチ
      

デラマコット・プロジェクトとは

京都大学森林生態学研究室では、国内外の研究機関と協力し、生物多様性を保護しながら持続的に熱帯降雨林を利用・管理するための生態学研究を展開しています。その場所が、マレーシア・サバ州(ボルネオ島)デラマコット森林保護区です。 熱帯降雨林に貯留されている炭素量を評価したり、生物多様性を評価したりすることで、熱帯降雨林に炭素貯留や生物多様性保護の新たな価値付けを行うことが目的です。このための手法開発を行っており、私たちが開発した手法や考え方は国際的にも大きく注目されています。簡便で効果的な手法が開発されることで、熱帯降雨林に生態系サービス(炭素貯留と生物多様性保護)の新たな経済的価値付けが浸透します。

主要論文・著書

・Kitayama K ed. (in press) Co-benefits of Sustainable Forestry: Ecological Studies of a Certified Bornean Tropical Rain Forest, Ecological Research Monographs, Springer

・Langner A, Samejima H, Ong RC, Titin J, Kitayama K (2012) Integration of carbon conservation into sustainable forest management using high resolution satellite imagery: a case study in Sabah, Malaysian Borneo. International Journal Applied Earth Observation and Geoinformation 14: 305-312

・Samejima H, Ong RC, Lagan P, Kitayama K (2012) Camera-trapping rates of mammals and birds in a Bornean tropical rainforest under sustainable forest management. Forest Ecology and Management 270: 248-256

・Imai N, Samejima H, Langner A, Ong RC, Kita S, Titin J, Chung AYC, Lagan P, Lee YF, Kitayama K (2009) Co-Benefits of Sustainable Forest Management in Biodiversity Conservation and Carbon Sequestration. PLoS One 4:e8267